コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録

2005年11月13日

ロッテ・・・アジアNo.1に

ロッテ初代アジア王者!。「KONAMI CUP アジアシリーズ2005」の決勝が13日行われ、ロッテがサムスン(韓国)を5―3で下し、初のアジア王者に輝いた。ボビー・バレンタイン監督(55)率いるマリーンズは1、2軍の日本一、リーグ優勝、交流戦に加え、アジアNo・1の称号も獲得。ポストシーズン9連勝で05年を締めくくった。ロッテには賞金5000万円が贈られ、MVPにはベニー・アグバヤニ外野手(33)が選ばれた。

しかし、強い・・・アジアシリーズを通して見えてきたことは、本当の意味での選手層の厚さ・・・そう、第3戦の中国戦は「阪神」を下してファーム日本一になった選手主体で臨んでいた。途中までは苦戦していたが最後は勝った。そして、マウンドには、小宮山が負傷退場した黒木に変わり4回から8回までを投げきり、公式戦、シリーズを通じ今季初勝利。

プレーオフでホークスに2敗してからはまったく負け知らず。
ボビーも3年契約で残ることになったし、来年も突っ走るのかな?

posted by すーさま at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

アジアシリーズ10日開幕…『今回もボビーマジックが冴え渡るのか?』

日本、韓国、台湾、中国の各プロ野球リーグ優勝チーム(中国は選抜チーム)で争うアジアシリーズ(コナミカップ)が10〜13日、東京ドームで初めて開催される。日本代表のロッテをはじめ、韓国のサムスン・ライオンズ、台湾の興農ブルズも、各リーグのシリーズを4戦全勝で制した実力派。中国選抜も08年北京五輪を目指して強化を続けている。初代アジア王者をかけ、レベルの高い戦いが期待される。

今回も冴え渡るのか…ボビーマジック…!
来シーズンの去就問題がある中。今回優勝しアジアNo.1になれば、フロントも好条件での契約を考えるだろう。

注目は。韓国のサムスン・ライオンズかな。ここも韓国シリーズ4連勝で勝ち上がってきたし、監督は元中日の宣銅烈(そんどんよる)監督で、日本の野球知ってるから結構手ごわい相手になるのでは?

10日のロッテの初戦は、そのサムスン・ライオンズとの対戦。

ボビーマジックが冴え渡るのか、注目されるところだ。





posted by すーさま at 16:25| Comment(6) | TrackBack(1) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

ボビーは何処へ?

今年ロッテを31年ぶりの日本一に導いた、
ロッテ監督ボビー・バレンタイン監督の去就問題が
今OFFの話題で・・・。

昨日、フロントとの第1回交渉が行われた。

結果は交渉は決裂!

現在、デビルレイズ、ドジャース、ナショナルズのメジャー3球団の来季監督候補に挙げられている。このままでは、前回の95年OFFと同じになってしまうのか?それとも。来年も姿を見れるのか?

自分は、ロッテファンではないけれどボビーのような明るい監督がいたほうが、野球界は盛り上がるし、チームがマネーゲーム対称にされる本当のファンのためのチームから離れていく現状を考えると来年も指揮をとってくれるのが一番良いと感じる。

とにかく、今後の進展から目が離せない。

ロッテはアジアシリーズを控えているのでその前に厄介な話だ。

posted by すーさま at 16:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

ロッテ日本一に見る…組織とは…

ボビー・ロッテ完全V!で幕を閉じた日本シリーズ。この差は何だろう?

印象的だったのは、ベンチが写るときの選手の笑顔…リラックスして野球を楽しんでいる印象だった。そして選手一人一人が自分の考えで局面を打開していく。

それを印象付けるのは、第1戦の西岡の第3打席で守備体制をしっかりと確認してから、一、二塁間へプッシュバント。そして今江の活躍。

えっ!これは組織論的に言うと…ロッテは「自律型組織」ということか。うーん。金本、今岡が完全に抑えられた「官僚的組織」の崩壊した阪神では勝てないな。
それに、自分達でトーナメントを勝ってきて自身をつけてる。

そういえば、バレンタイン監督はこんなことを日本シリーズ第1戦の前に言っていた。

●「選手には私からもう言うことは無い。私の言いたいことを理解しているから…」

そうこれは、選手が自分で考えて行動をする自律型組織の完成を表していたのではないか?
そういえば、第2戦のニッポン放送での中継を終えた楽天・田尾元監督が言っていた。
バレンタイン監督は「選手にはあまり難しいことは言わない。」と…そう実際にやらせてみるということを重視しているのだろう。
なによりも監督が明るい。そしてポジティブシンキングで失敗を責めたりしないと、今年引退を決めた初芝も言っていた。そして、ここからがポイント。プレーの失敗をとがめることもなかった。罰金制度もすべて取り払った。罰金があればそのときは良くなるけど、何でいけないのとか考えなくなりません?そこなんですね。
自律型組織にしたのには。エンパワメント(権限委譲と支援)という手法をとっていたんだね。そう選手の判断に任せ。そのためにサポートをうまく監督がやっていた。

●「今年最後のゲームに出場して、そのゲームで勝つ!」

これは、監督がキャンプインのときに言っていた言葉。そして昨日の勝利監督インタビューでも言っていた。そうこれが、目標でありスローガンだったのか。そうそれを言い続けることで選手に広くいきわたっていった。
また、打線も固定せず「日替り打線」を組み、1番大敵になる選手の疲れとケガを防止していったこと。そうは言っても「選手を固定させないと逆に競争を生んでしまうよ」って言われるかもしれないけど、そう共通の目標とファミリー的なつながりでチームに一体感を生ませたのだ。
そう、強力なチームリーダーはいないけど、選手一人一人がリーダーになったチームだった。

●「”ミスターロッテ”初芝」の存在…

チームが若返り、若手主体のチーム編成になるとどうしてもベテランは追いやられますよね。”ミスターロッテ”初芝も例外じゃなかったですよね。それでも初芝の存在は大きかったんですね。
ソフトバンクとのプレーオフ2ndステージの最終戦の前にベニーが、その日の朝「初芝さんと一緒に一日でも長く野球がしたい。そして監督を胴上げすんだ」といって、福岡の神社に家族を連れてお参りにいったという話が残っている。
そうその話から受ける印象としては、初芝はメンター的役割を担っていたのでは?
メンターとは何かということですけど、
心の師だったり、アドバイザーだったり、お手本だったりする立場の人。
”AllAboutJapan”からの引用です。
「メンターの役割」
  ・自分のキャリアパスの参考になる
  ・仕事やキャリアで迷ったとき相談に乗る
  ・成功のイメージを具体的に見せる
  ・キーパーソンを紹介
  ・自分を他人に売り込む
  ・有益な情報を与える
  ・仕事のチャンスを与える
  ・周囲からの攻撃から守る
  ・自分によい影響を与える
  ・仕事に対する姿勢や考え方を教える
  ・仕事の楽しさを教える
  ・人としての生き方を教える                          など(抜粋終わり)

ロッテで言うとリーダーがバレンタイン監督。 フォロワーが選手。
※フォロワーとは、リーダーの思想に共感しついていく人。

そう、メンターとはフォロワーが迷ったときにアドバイスしたり、温かく見守る役目の人。
そう考えると、最終戦で足のケガで胴上げに参加できなかった堀、黒木、小宮山もその役割だったのでは。
組織的にはロッテは理想的な形なんではないかと思うのは、私だけ?

そして何よりも違っているのは、フロントの支援があったこと。
そう、放送局の株を買っている某オーナー三木●や、ナ●ツネちゃんには見習って欲しいね。オーナーとしての在り方をね。

米国でも話題に−「大変な頭脳の持ち主」としてバレンタイン監督は話題になってるようですね。



top.jpg
posted by すーさま at 14:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉ロッテマリーンズ、31年ぶり日本一!!

051026_bbl_npb_lotte_180.jpg

第56回プロ野球日本シリーズ第4戦、阪神(セ・リーグ)−ロッテ(パ・リーグ)は26日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、ロッテが3−2で勝ち、4連勝で1974年以来31年ぶり3度目(前身の毎日を含む)の日本一になった。最高殊勲選手はロッテの今江敏晃内野手が選ばれた。

ロッテ31年ぶり日本一 阪神に4連勝し3度目

ボビー流貫き4連勝で頂点 米国人監督では初の日本一

ロッテファンの皆様、31年ぶりの日本一おめでとうございます。
阪神も最終戦で意地を見せ…1点差のゲーム

posted by すーさま at 10:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

日本シリーズ第3戦

日本シリーズ第3戦・阪神の本拠地、甲子園球場でロッテが10対1で阪神に勝ち、3連勝で1974年以来、31年ぶり3度目(前身の毎日含む)の日本一にあと1勝と王手をかけました。

3連勝で王手かける!

ロッテの勢いが止まらない。3日続けての10得点
30対2…とにかく、阪神ファンの私としては意地を見せてくれそれだけを思う。

ロッテはプレーオフを制した勢いそのままに、高校野球のたとえで言うなら「1戦経験して勝ち残っていることで強くなってる」という感じがする。

このまま、阪神が意地を見せなければ、今日で終わるということもあるのか?

でも、観てて思うのはロッテの打者はよくボールを見るね。

球児でもアカン…4失点/日本シリーズ


でも、悲観的になることもない。…それは…3連敗のあと4連勝は58年西鉄、86年西武、89年巨人と過去3度ある。

阪神よ!わずかな望みがある限り、あきらめることはない。開き直れ!! 思い切ってやればいいやないか。『NEVER、NEVER、NEVER、SURRENDER』。今こそそのスローガンを、もう一度胸に刻みつけるときだ。



posted by すーさま at 11:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

日本シリーズ!今夜開幕!

第1戦・清水vs井川 ロッテと阪神が初めて対戦するプロ野球の日本シリーズが今日夜、ロッテの本拠地・千葉マリンスタジアムで開幕する。 千葉で日本シリーズが開催されるのは初めて。 31年ぶりにパ・リーグの覇者となったロッテは3度目(前身の毎日を含む)、2年ぶりにリーグ優勝を果たした阪神は1985年以来2度目の日本一を目指す。 今回のシリーズは静の岡田VS動のバレンタインの対決とか、クリーンナップを固定した阪神VS日替わり打線のロッテとの対決とか見どころがいっぱいある面白いシリーズだ。 とにかくプレーオフであったハーフスィングの判定でもめたりすることなく無事に進めて欲しいものである。 また熱いファン同士でもめることがないように願う。
posted by すーさま at 15:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天・杉山投手コーチ就任へ

楽天・杉山投手コーチ就任へ

楽天の1軍投手コーチに、西武、阪神などで活躍した杉山賢人氏(36)=現横浜打撃投手=が就任することが21日、明らかになった。

杉山氏は、次期監督要請を受諾したシダックス野村克也監督(70)の阪神監督時代の教え子。92年にドラフト1位で西武に入団。野村監督が阪神就任1年目の99年に交換トレードで阪神に移籍し、野村野球を教え込まれた。本人は「前向きに検討しています」と話しており、就任へ障害はない。2軍から昇格する鹿島忠投手コーチと1軍を担当する予定。元ヤクルトの池山、元阪神の山田氏に続く野村チルドレンのコーチ誕生となる。

楽天浮上の足ががりにして欲しい。一年で結果を求めるなどのばかげたことではなく長期にわたって考えて欲しいですね。


posted by すーさま at 15:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

巨人は何をしたいの?

KFullNormal20051021052_m.jpg

巨人がメッツの石井一久獲得に名乗りを上げてるって、スポニチに書かれてるみたいなんですけど…フロントは金を使って選手を取ってくるやり方に懲りていないのか?

巨人 メッツ・石井獲り

原監督の構想には若手を伸ばして行く方針らしいが、一部週刊誌の報道によると・・・メッツの松井稼頭央、ドジャース傘下の中村紀洋、そしてオリックスの谷とか獲得したいといってるらしい。

いい加減、「何でも欲しがるナ●ツネちゃん」的考えは辞めないといつまでたっても同じ事を繰り返すって言うことをわかってないのか?

石井一久獲得はヤクルトも名乗りをあげるようなのでどちらが獲得するのかこれからが注目されるところである。

今一、巨人のやりたいことはわからない。

また、集めた選手が不振でBクラスを続けるようなことがあればまた監督解任?を繰り返すのかなぁ〜?
posted by すーさま at 14:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村監督誕生…楽天の明日はどっちだ?

前々から噂されていた楽天・野村監督誕生

野村 克也監督といえば、ヤクルトの監督になってからは4回のリーグ制覇、そのうち3回の日本一に輝いた輝かしい実績がある。
でも楽天監督一年目から、それを期待するのは無茶なことだろう。
そう、使える駒となる選手が不足しているのである。

三木谷オーナーさん。お願いです。あまり短時間で結果を急がないで下さい。それにTBSの株を買うより先に楽天の補強をしてください。

カツノリは楽天に残れるのかなぁ〜?

ヤクルト古田監督との対決は「師弟対決」って新聞に書かれるのだろうな!

来年のことは置いといて…明日からは日本シリーズだ!
似たようなチーム同士の対決なのでもつれそうな気がするのは私だけ?


株式会社コムズ: SONY ADSL pro

posted by すーさま at 13:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

古田監督誕生

古田が選手兼監督に就任した。

「大変だが、やると決めた以上腹くくる」
と言ってた彼に、すごく男気を感じた。

古田捕手が兼任監督就任−ヤクルト、2年契約で


選手兼任監督は1970〜1977年の野村克也氏(南海、現社会人シダックス監督)以来となる。
うーん。なんとなく野村克也氏が選手兼任監督だったことを覚えてる。
今は無き後楽園球場に日本ハムVS南海ホークスを見に行ったことがある。そのときに野村兼任監督を見た。

時代は繰り返すの例え通り…ヤクルト監督時代に師弟関係にあった古田が今回兼任監督就任。
来期、楽天に野村監督(ほぼ決まりかな?)となれば交流戦の時期には「師弟対決」という見出しが新聞紙上を賑わすんだろうな?

まぁ、来年のことを言うと、鬼が笑うので…お後がよろしいようで



posted by すーさま at 15:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

やったね!テレビ東京!

テレビ東京は18日、前夜に放送したパ・リーグプレーオフ最終戦の視聴率が平均17.0%を取ったと発表。

やりました。そしてえらい!優勝祝賀会の特番も放送するし、ただ、きらきらアフロの放送が一回飛んじゃったけど…この際言いや、31年振りのめでたい事だからね。

でも中継中、野村克哉氏は、8回の2点の口火を切った初芝 清内野手を「代打ならまだやれる」とべた褒めしてました。

う〜ん!欲しいのかなぁ〜?
本人は引退表明してるけど、38歳での引退はまだ早いのでは?
posted by すーさま at 15:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレーオフってどうなの?

パリーグの優勝がプレーオフでロッテになった。
おめでとうございます。ロッテファンの皆様!

夢を信じ悲願達成 31年ぶり優勝のロッテ
王ソフトバンク無念…悪夢再び

でも、ロッテが優勝してよかったと思える。これが西武が優勝していたらと思う。1位とのゲーム差が23.0で、勝率が5割に達していない3位。。。という結果のチーム名がプレーオフに出ていいのだろうか?
3位までがプレーオフと言うが、実質Bクラスではないの?
そこで提案、1位とのゲーム差が20ゲーム以上離れた。または5割に達しないチームはプレーオフ進出できないようにする。それが過激と言うなら、4位との参加決定戦をやる。その間に1位と2位で決定戦をするというのはどうだろうか?

2007年からはセリーグでも導入されるらしいのでその辺を見直したほうが良いのでは?
posted by すーさま at 14:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/ 1,500円以上の注文は送料無料!
キーワードを入力して書籍検索ボタンを押して下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。