コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録

2005年10月03日

巨人と阪神に見る経営的視点…

今年の阪神と巨人を経営的なとこらから斬っていきます。

今年の阪神は、2003年の独走状態での優勝ではなくゲームをしていく中で強くなり、最終的に優勝をした。得点を挙げるのでもこまめに繋げて、得点をするというパターン。
一方の巨人は、一発のホームランで得点を挙げるというパターン。だから、ホームランを打てる打者がいなくなると得点できなくなるという結果。

それに加え、阪神には強力なチームリーダーがいたこと。そう、鉄人金本だ。はえぬきの選手ではないがアニキとしたわれ、強いリーダーシップを発揮したこと。金本をリーダーとしてチームがまとまった。一方、巨人は?確かに、清原がその候補ではないかと思われるが、昨年末の球団とのごたごた以降チーム内での力をなくしていたように思える。それに故障勝ちだしね。高橋由伸がその立場になれる人だけどなれない何かがあるんだろうし。チームリーダー不在なため、チームがまとまらなかった。

それと会社で言うところの監督はどうだろう?両監督ともはえぬきの監督である。阪神岡田監督は、前年度は4位なんとなく星野色が残っており岡田色を発揮できない年だった。今年は、ベンチで動く岡田監督が見られ、抗議のときは率先して出て行くアグレッシブな感じが出ていた。こういった行動をすることで指揮官としての考えを浸透させる効果がある。それにオリックス2軍監督、阪神2軍監督での実績がある。
一方の堀内監督はどうだったろうか?チームの駒という点ではそれっていると思われる。長距離を打てる打線。まあまあの投手陣。でもそのこまをうまく扱っていないのである。
ベンチで座っている場面が多く写っていた。自分の思い、考えを伝えらなかったではないか。
チームリーダー不在のためチームにまとまりがなくバラバラなチームだった。
一人一人に監督の思いが伝わっていなかった。


来年からは原監督が指揮を執るのでチームが変わっていくことに期待したい。


アンチ巨人の私としては強い巨人を打ち倒すところによさを感じるのである。だから来年は強いチームになってくれ。





生協の宅配
posted by すーさま at 12:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/ 1,500円以上の注文は送料無料!
キーワードを入力して書籍検索ボタンを押して下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。